Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日の憂鬱

月に一回の実家帰省の日。身支度を整え、電車に乗る。
毎回見える景色は一緒だけど、確実に月日は流れている。
元気な母に会いたい。一緒にお食事もしたい。
できるなら、我が家のワンコ達にも会わせてあげたい。
それもかなわぬ夢なのか…

こんな気持ちになって帰省するのはもう何年続いているのだろう…
たまには笑顔で帰省し、笑顔でここに帰ってきたい。
シャキッと背筋を伸ばして… 現実を見据えていかなければ!

そんな気持ちにさせてくれる花がSD♂のファイルにあった。
futarisizuka.jpg
 フタリシズカ
ツライコトガアッテモ、フタリデガンバロウネ。
では行って来ます。

スポンサーサイト

たまにはこんな日も

久々にワンコ達の洋服なんぞを作ってみた。
20070528014828.jpg
人間用のTシャツをリメイクしたもの。既製品に飽きたら、オリジナルもいいかもねってことで。

次はスヌード。ロビュラーイヤー(木の葉型の垂れ耳のこと)のEmmaには不可欠なもの。
ごはんの時、フードボウルに耳がすっぽり。ボウルで水を飲むと耳がビショビショ。お散歩で地面をお掃除…エトセトラ
なので、部屋で過ごす時以外はほとんどスヌードのお世話になる。
スヌードもなかなかぴったりサイズが無く。既製品に人間用の髪留めを足し縫いして完成。蒸れないようにメッシュ仕様なのだ。 これがなかなかいい感じ

通販生活

特にハマってるわけじゃないんだけど通販生活、気に入ってる。
今回はお留守番のワンコ達の為に。
夏場のお留守番は部屋の温度が上がるのでタイマーを使ってエアコンを作動させている。
その際、直接ワンコ達のケージに冷風が当たることを避けるためこんなフィン(羽)を設置。
20070527011841.jpg
 真下に行ってみると確かに直接冷風は当たらない。う~ん満足。
それともうひとつ、ちょっと恥ずかしいんだけどこれ
20070528013013.jpg
テレビでよく見る「Billy's BootCamp」
見るからにキツそうなんだけど、思い切って買ってしまった。
SD♂と一緒にやるってことで持続可能?と意志を固め…
既に3日が過ぎた。見るからにキツそうなそれは、見るとやるとでは大違い。
キツいなんていうもんじゃない。あれは拷問だ。
プログラム3日目を何とか乗り切った。実は今朝辺りから筋肉痛が…
2人でやってるからなんとか頑張れそうだ
それにしてもBillyさん、動き早すぎ~


水遊びって楽しい

17日、晴れたらドッグラン(ひょうごアニマルサークル)に行こうと決めていた。なのに前日の夜から雨がシトシト
あ~あ、今回もダメか…と諦めに似た気持ちで目覚めた。
午前中はワンコ達の病院に行ってちょっとドライブがてらCafeにでも連れて行こうかな?って思ってたら、
「もう雨は上がってるし、多少地面が濡れてたっていいさどうせ今日はシャンプーするんだからドッグラン行くゼ
とSD♂の鼻息が荒い。
また来週って言っても晴れる保障はないし… 思い切って服を着せた(少しでも汚れが少なくなるようにって無駄な抵抗をしてみた)

衝動買い?

2人揃っての連休。以前から予約していた美容院に2人で
ランチはでもいいかなって思ってたけど、たまにはお外でパスタも悪くないってことでパスタ屋さんに
このお店、焼きたてのパンを何個でも食べられる。メインデッシュ前、メインディッシュ後も何度でも。店員さんが焼きたてのプチパンを各テーブルまで届けてくれる。
私はせいぜい3~4個が限度だけど、中には10個以上は食べてるよ~ってお客さんもいる。 そんな人には嬉しいサービスだね。

虹の橋

ワンコと暮らす人なら誰でも知っている「虹の橋」
昨日、水谷豊さん主演のTVドラマでこの虹の橋のくだりが出てきた。
私はこの言葉を聞いたり読んだりするたびに涙が止まらなくなる。
ドラマの内容はちょっと大袈裟なところもあったり、多少尻切れトンボなところはあったけど、ワンコを好きな方が脚本、演出をやっているのだな…と感じた。 2時間のドラマでよくあそこまでまとめてるなぁ~って。

飼い主さんの名前は知らなくてもワンコの名前にパパママを付けて呼び合うところはまさにそのもの。
ドラマ中、二度も「虹の橋」を朗読されたのには参っちゃったけど…
その度に涙を流さないといけないから…

OZのその後

尿石症(尿結晶)の兆候が見られてからほぼ1ヶ月。 再度尿検査を受けた。
診断の結果、pH値は下がっていないものの結晶は見られないとのこと。
療法食のおかげで着実に改善されてる。
一般的に血尿などが見られ、慌てて病院に駆け込む例が多いとか。
OZの場合、いち早く異変に気づいたSD♂の一言がなかったらと思うとぞっとする。
まだ、安心はできないけど更に療法食を食べてもらって早く元通りに戻って欲しいな。
P1020359.jpg
本犬はいたって普通に過ごしている

ワンコが言葉を発したらどんなにありがたいことだろう。
が、しかし… 「腹減ったョ、早くご飯にしようよ~」「かあちゃん、お散歩行こうぜ!」「またオイラ達を放って置いてお仕事かい? つまんね~よ」とか文句ばっかり言ってたりして

獣医さんちのナミちゃん(黒ラブ♀16歳 顔がEmmaそっくり)はSD♂と仲が良い。16歳だから多少足腰は弱っているけどスタッフの方が私達が診察室に入るとわざわざ呼んできてくれる。
ナミちゃんの顔とEmmaの顔が瓜二つで、師匠と弟子と呼ばれていたけど最近はナミちゃんが師匠でSD♂が弟子のような…
診察していただいている間中、ずうっとSD♂がナデナデ。ナミちゃんは気持ち良さそうに横たわっている。
ナミちゃんが「SD♂さんよ、もうちょっと首筋もさすっておくれ ああ、そこそこ…あんたは孫の手のような人じゃ、ありがたや、ありがたや」と言ってるようだった。

そして検査と耳掃除の間の先生や奥様との会話。
奥様 「ナミの16歳って人間に例えると…いや実は換算表から消えてるんですね~」
私  「100歳は優に超えてるって感じですか?」
奥様 「そうでしょうね… OZ君の4歳は32歳、Emmaちゃんは28歳ですね」
といってわざわざ換算表のコピーを下さった。
SD♂ 「ん~、微妙な年齢ですね…」私が抱いてたOZを見つつ
   「仕事に少し疲れて、転職をちょっと考えている中堅どころのサラリーマンってとこですね」
皆さん「ギャハハハハ
SD♂ 「Emmaの3歳は28歳ですか… 行き遅れたお局さんですね」
皆さん「ギャハハハハ
私  「んじゃぁ今、私は32歳の疲れたサラリーマンを抱いてるの?」
皆さん「・・・・]」笑いすぎて言葉が出てこない様子。

診察室の中は、ほんの些細な話題から尾びれ背びれが付いて爆笑の渦。
私は思った。ワンコを人間に例えるのはやめよう。言葉を発しなくてもいい。人間に例えた年齢なんて恐過ぎる~

宣伝する訳じゃありませんが…

5月2日はSD♂のお誕生日だった
さすがに「当日ここに書くのはやめてくれ」ということで時間差攻撃。
私も同じだけど、さすがにこの年齢になるとあからさまに人様には言えない。
ひっそりとしたものだ。 今回はSD♂本人の希望でケーキ、写真は無し。
いつもの夕食に1品加え、シャンペンじゃなくてカクテルで乾杯。もちろん「SALTY DOG」よん

とりあえず「何か欲しいものはないの?」って聞いたけど「特にないなぁ… キミの服でも買ったら?」
私の誕生日は終わったんだって、そう言いつつお言葉に甘えてしまった私。
「ホントに欲しいものはないの」ってもう1回聞いた。
「いやホントはね… ワンコが欲しいけど無理だよね…」ええ、無理に決まっていますとも
先月、Dog Cafeに行った時にお友達のNさんご夫婦に「SDさんには大きなワンコ、そうだなぁ~ボルゾイとかアフガンとかアイリッシュ・セッターなんか絶対似合うと思うよ」って言われ、間髪入れずに「ホントですかぁ、実はボク憧れなんですョ、大きなワンコ」と即答したSD♂
Nさんちには黒ラブ3頭、スタンダードプードルとダルメのMIX、シェパード合わせて5頭がいる。いずれも大きなワンコばっかり。
Nさんはこうもおっしゃった「1頭が2頭になるときは倍だからそりゃ大変だよ。でも2頭から3頭、3頭から4頭なんてどうってことないさ」
ごもっともである。 でもこの家のキャパは超えると思うな…

判決:私がお仕事してる間は諦めてもらおう
欲しいものを聞いた私がバカだった。 立ち直りが早いのか分からないけど、お友達のHPを見て「ボルっていいなぁ、見てるだけでも優雅な気持ちになれるよ」 まあこんなお誕生日でした。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。