Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼の霍乱

昨日、我が夫は岡山県のとある山に登る予定だった。
が、前日の大雨もあり日付が変わる直前に企画者から「中止」の連絡。
私的にはホッとした。 これだけ前夜に降れば山道は泥濘になり楽しいどころじゃないと…
当の本人は未練たっぷり。 それより「中止の連絡するのが大変だ~」と 
時間的にほとんどの参加者は夢の中だろうし、メールを打っても返信がない可能性が大。
とりあえず、必死でメールを打っていた。

翌朝、4時半頃からベッドで携帯を気にしてたみたい。 早い人では5:30に返信有。
結局、全員に連絡がついたのは6時15分。 「これで、やっと寝られる~
8時半、「はなまるマーケット」が始まる時間にようやくお目覚めの様子。 
参加者へ連絡する義務感からか、寝るに寝られなかったらしい。 ゴクロウサマ。

ごく普通に午前中を家で過ごしたあと、ほんのちょっとだけお買い物に。
途中で遅めのランチをと思って寄ったCafeはなんとお休み…(HPで確認しとけばよかった)
仕方無しに、Mossバーガーへ。 ここいら辺りから夫の様子が変。
いつもなら100%アイスコーヒーのはずなのに、
お飲み物は?の問いに「ホットをお願いします」と真顔で答えている。
絶対おかしいと思ってたら、2個目のバーガーを食べるペースが遅い。

結局、何事も無かったかのように店を後にし、自宅へ帰る車中で「家に帰ったら寝かせて…」
と、何時に無く元気の無い声。
帰宅後、ほんの数秒でベッドに横たわり「調子悪い… 吐きそうだった」 
普通のご家庭では、こんなことがたまにあるかもしれないけど、我が家では皆無なのだ。
山に行けなかったから仮病かと疑うことも不要なぐらいグロッキーだった。
きっと、週末まで引きずってた私の風邪がタイムラグを経て感染したと思われる。
本人も「きっと風邪だ、悪寒がする~」と。
こんな時に山に行ってなくて良かったねって気遣ってあげると
「山に登ったら治ってたかもよ~」って強気な発言(内容だけが強気で答え方はヨレヨレ)
この夫、風邪は数年に一度ぐらいの割合でしか感染しない。 過去に9年間風邪とは無縁だったこともある。 

我が家の鬼の霍乱とはこのことである。 (ちなみに今日はごく普通にお仕事に行った)

鬼が寝てる間に私はせっせとソファーカバーのスペアを作った。
080529oz on the sofa
 OZが独り占めしてるょ
前回と同じくIKEAで買った北欧の生地。こちらはやや控えめかな

スポンサーサイト

オバカナオヤタチ

昨日、2ヶ月に一度(ぐらい)のEmmaのトリミング
いつも夫と一緒に行くんだけど、昨日夫は芝刈りに朝早くから出かけていた。
朝一番の予約だったので初めて独りで連れて行ってきた。
夫が言うには「Emmaはいつも助手席で大人しく座ってる」らしいけど、今日は良く邪魔してくれた。
私の愛車はマニュアル車なので左手の動きがやたらと多い。
助手席からだとちょうど左手辺りで邪魔をしてくれるため、肘を上げた苦しい体勢での運転を強いられた。
もう~Emmaったら、肩が凝るじゃないって言っても無駄だった
  何故か夫に微妙なジェラシーを感じてしまうのであった(夫と車に乗るときはとっても良い子なのに…)


Emmaをトリマーさんに預け2時間半後にお迎え。
080522triming emma
 性懲りも無くまた買ってしまったフリフリのサンドレスでリゾート気分を
トリマーさんには毎回、「Emmaちゃん、また毛が長くなりましたね」って言われるほどの毛量の多さ。
OZに少し分けてあげてくれないかな
Emmaばっかり写真撮ってちゃOZが怒るので夫が帰宅するのを待って
CLoe.jpg
 OZのとびきりのおすまし顔に らぶりぃ~連発のバカ親達でした

リニューアル?

先日、Emmaに穴を開けられたソファー、実はOZの反逆があって以来カバーを掛けてなかったのがそもそもの原因。
気分転換も兼ね、カバーを掛けなおすことにした。
いつもは手芸店で生地を買ってくるんだけど、19日に神戸ポートアイランドにオープンした IKEA に行った時、
布地も売っていたのでついでに買ってきた。
日本ではあまり見ることのない大胆な絵柄が気に入り、購入者自ら布地を裁断する販売方法も面白かったので…
080522seleb oe
 ソファーと下のクッションのカバーを作ってみた。
心なしかリビングが華やかになったような気がする。 ワンコ達も早速その感触をチェック。


IKEAに行ったのは別の目的で、溢れかえっていた靴の収納のためシューズ・キャビネットが欲しかったから。
なかなか良いのがあった。 奥行き20cmで15足収納できる優れもの。
shoes cabinet
 縦に収納されるのでとっても省スペース ちなみにクロアチア製
これでスッキリした。 IKEAのファニチャーは組み立て式のものがほとんどで、お持ち帰りが基本。
宅配も可能だけど、大きな駐車場で積み込みスペースも設けてあるから車で行くのが
組み立ては多少面倒だけど、電動ドライバーなどあれば比較的容易に組める。
希望していたキャビネットに満足したついでに、こんなものまで買ってきた
wood calibou
 木馬(正確にはカリブーらしいので木鹿かな)これはリトアニア製
我が家ではオブジェとしての利用。 ワンコ達にあげたらたちまち歯型だらけになるだろうから…
少しだけヨーロッパ気分を味わえた。満足満足

人それぞれ、ワンコもそれぞれ

月曜日、獣医さんに行った時のこと。
いつもながらに、楽しい雑談を先生やスタッフの皆さんと一緒にしてた。
隣の診察室で若先生が柴犬君に注射をしているらしく、スタッフの方と飼い主さんが
ワンちゃんを保定していたようだった。
ワンちゃんも注射されるのが分かったらしく、抵抗をして少し暴れている様子が伺えた。
保定していた飼い主さん、大きな声で 
「何もしないからね~、大丈夫だからね~、偉いわね~」 を連発。
それを隣(パーテーションで仕切られているから姿は見えない)で聞いていた私は笑いをこらえるのに
必死だった。だってホントに大袈裟なんだもの。
OZ & Emmaの耳掃除をしていた院長先生はその言葉に小声でボソボソ。

飼い主さんの声: 「何もしないからね~」
院長先生:     「いや、絶対痛いことするから」
飼い主さんの声: 「大丈夫よ、すぐ終わるから」
院長先生:      「終わらない、終わらない…」

院長先生はこちらの診察室にいるので、飼い主さんにはその声は届いてない。
先生の小さな反応が余りに面白すぎて、抱腹絶倒してた。
私はその飼い主さんがどんな方なのだろうか、気になって仕方なかった。

OZ & Emmaの診察が終わり待合室に出ると、その声のご婦人がおられた。
きりっとした、キャリアウーマン風の50代ぐらいの人だった。
背筋をピンっと伸ばし、他の飼い主さんを多少上から見下ろすような感じにも見えた。
まさかその方があんな、甘ったるい大きな声で大袈裟に言ってたとは… まさに人は見かけによらない。
ワンちゃんはその飼い主さんと一緒で幸せなんだろうなと…勝手に想像した。
しつけ教室では大袈裟に褒めて育てると教えてもらったから、それを継続しているのは凄いと思う。
う~ん、我が家では真似できないな

破壊凱旋録

お休みだった今日、ほんの小1時間ほど、お買い物に出かけた。
お仕事の時は、サークル内でお留守番のワンコ達。
ほんの少しの間だから、リビングでお留守番をしてもらった。
夫が独りで家にいる時、ちょっとした外出の時はリビングでお留守番ができる。
パピーの頃はOZもEmmaもいろいろ悪戯をしてくれたものだ。

5歳のOZと4歳一歩手前のEmma、夫が言うように多分大丈夫と油断してた…
帰宅して目に飛び込んできたのは
Image036.jpg
 ソファーの真中に大きな穴が…  オイラがやったんじゃないよ
OZが一緒に写ってるけど、犯人はEmma。 動かぬ証拠にアンヨにクッション材のウレタンが付着してた。
たかが1時間、油を断った私がいけなかった。 お気に入りのソファーだけに
しかし、何故夫が独りの時は良い子で、私が独りの時は困ったチャンになるのかなぁ

まあ、今に始まったことじゃないので… 現行犯じゃないだけに怒るに怒れず。
過去のEmmaの破壊歴はと言うと、カーテン引き千切り事件(前科4犯)、読書事件(数知れず)
OZのサークルへの越境トイレシーツバリバリ事件等、話題には事欠かない。
まあ、何時までたっても心はパピーのまんま 困った娘さんですこと



事件は解決したので、少しばかりの癒しを
harurindou.jpg
 ハルリンドウ
13日、夫が三重県の御在所岳で撮ってきた写真。 清々しい蒼い花です。


ワタシタチノGW Vol.2

どうもSD♂です。Vol.2は私がお届けします。
7、8日と2人とも連休をもらっておりまして7日はワンコ達とドッグラン。
そして8日、ワンコ達にはお留守番をお願いして2人で六甲高山植物園に行ってきました。
下界では見られない花や植物がここでは見ることができます。
開花時期がやや微妙でしたが、GW明けでも多くの人で賑わっていました。


私が一番見たかったのはミズバショウ。 
自生している尾瀬では5月末から6月にかけてが開花時期ですが気温と標高の関係で、
ここ六甲では4月中旬に見頃を迎えます。
mizubashou.jpg
 ミズバショウ 
少し遅かったんでしょうね、葉が大きく伸び花はほぼ終わりです。
かろうじて写真に収められたのがこれです。

ワタシタチノGW Vol.1

巷のGWも終わり、私たちにもようやくGW(正確には2日間なのでGolden Daysかな)が訪れた。
7日、予報通り 雪遊びが始まる前からご無沙汰していたドッグラン
ひょうごアニマルサークル…以下アニサ)に予定通り行ってきた。
GW明けとあって空いてる。 先客は2頭のベルジアン・タービュレン。
ほとんど貸しきり状態の中、我が物顔で走り回るワンコ達。
080507-1.jpg
 Emmaと夫
080507-2.jpg
 OZと私

嗚呼、悲しき小市民

昨日、ワンコ達のフィラリアのお薬の日。
いつものように夫がフードボウルにフードを入れフィラリアのお薬も忍ばせた。
普段なら、ほんの数秒で完食と相成るところ…
元反逆児OZは「なんだこれ、ペッ」って床に吐き出した。
それを目の当たりにした夫、何を言うかと思ったら
「OZぅ~、その薬いくらすると思ってんだよ
そして無理やりOZの口に入れた。
確かにあの小さな粒が一個1900円っていうのは決して安いとは思わないけど… (ちなみにEmmaのは2300円)
誠に悲しき小市民の一言

思いがけないプレゼント

って夫にじゃなくて、もちろんワンコ達に。
私のお友達からこんなに可愛いペンダント・トップ(迷子札)のプレゼント。
Name Tag
彼女はガラス細工のお仕事をしている、いわばアーティストで、文字は手彫り。
細かい作業だと思う 私には到底真似できないよ~
心のこもったプレゼント、本当にありがとう。
来週になったらワンコ達の初夏バージョンのリード&カラーが完成するからそれに付けるね。

んで、もうひとつ
kingyo.jpg

彼女のお母上が作ってくださった金魚。 まさにアーティスト親娘だ。 落款もいい感じ。
これを見た夫、「OZ & Emmaにあって、ボクの誕生日には何も無いの?Yさ~ん」って。
世の中はそんなに甘くないのだよ 貴方が可愛ければ別だけど

ささやかな抵抗

ようやく通し勤務6連荘が終わる。 朝9時半出勤はいいとして帰宅は11時過ぎ。
ワンコ達のお留守番時間もベリーロングだ。
夫の帰りは早くても9時過ぎ。帰宅後すぐにワンコ達のご飯タイム。
その後、お掃除とかしてるとあっという間に私の帰る時間になってしまう。
OZが我が家の子供になってから昨日で丸5年。

生後6ヶ月齢から毎夜の運動会(ボール投げ)は続けてきた。(夫がデス)
今回は、夫の職場でもセール期間中でお互いに疲れはピークだったのか
毎夜の運動会をサボタージュしたそうだ。(私の6連荘の中で4日間運動会をしなかった)
サボタージュ4日目、ついにOZが反旗を翻した。
クーデターならぬ、当てション攻撃だ。
床にジョボ~、ソファーにジョボ~、床マットにジョボ~、やれやれと思い
ソファーカバーと床マットカバーを交換した先からそこへジョボ~
さすがにこれには夫もブチッ「テメ~、いいかげんにしろよ」って。
大きな声で怒っても止める気配なし。
仕方が無いのでその夜はマナーバンドをされる羽目になったOZ。

翌日、未だ抵抗勢力は衰えず、新しくしたソファーカバーにまたやられた。
夫はそこでようやく気付く。「きっと運動会4日も中止したからクーデター起こしたんだ…」
というわけで、5日目(4/30)運動会を再開してみたらしい。
結果、なんと言うことか翻した反旗は白旗に。 いつもの甘ったれOZに戻った。
それもこれも、長いお留守番を強いられる中、唯一楽しみにしていた事への強い執着心だった。
その日を境に、疲れていてもどんなに遅くなっても運動会は続けようと決心した夫であった。



その夫、本日がお誕生日 白旗を揚げたOZはもとよりエブリィデイ甘ったれのEmmaからも祝福のKiss
ケーキの写真は恥ずかしいので、すっかり元の甘ったれ兄妹に戻ったワンコ達をどうぞ。
looking oe

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。