Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

大台ケ原 ~立枯れの木とアオゾラ

28日、奈良県吉野郡の大台ケ原に行ってきました。
大台ケ原は、日出ヶ岳(1695m)を最高峰とし1400~1600mのゆるやかな起伏が続く
台地で、日本有数の多雨地帯として知られています。

雨に煙る大台ケ原は幻想的で好きですが、やっぱり晴れた時も見てみたいものです。
というわけで、降水確率が0%の28日にお休みがピタリと一致し、今回の山行に。

我が家から高速道路家湯で約4時間半。 地道を走る距離が長かったです。
駐車場に到着したのが12:00 既に満車状態でした。
平日でもかなりの人が入っています。 
PA281510 (1024x768) (640x480) PA281522 (1024x768) (640x480)
ビジターセンター      登山口付近の紅葉
観光客も多く、登山道の整備が行き届いており軽装でも楽しめる100名山とあって
人気があるようです。

PA281524 (1024x768) (640x480) PA281525 (1024x768) (640x480) PA281528 (1024x768) (640x480) (320x240) (280x210)
命の水          緩やかな登山道

本当に整備の行き届いた歩きやすい登山道です。普段登山経験のない人でも
ここなら安心して訪れるのもわかります。
 

PA281530 (1024x768) (640x480) PA281535 (1024x768) (640x480)
大台ケ原らしくなってきました。この階段を登れば日出ヶ岳です。span>
PA281537 (1024x768) (640x480) PA281539 (1024x768) (640x480)
階段途中から見える正木嶺(峠) 階段脇に紅葉も

PA281542 (1024x768) (640x480) PA281543 (1024x768) (640x480) PA281548 (1024x768) (640x480)
日出ヶ岳の展望台   山頂に着きました    ウラジロモミの葉

殆ど雲が見えない澄み切ったアオゾラが印象的でした。
何度も言うようですが、こんなに晴れるのは珍しいんです。初めてきた奥様もご満悦。
山頂の展望台下で軽くランチとコーヒータイム

さてこれからが大台ケ原の魅力を満喫できるビューポイント

PA281562 (1024x768) (640x480) PA281571 (1024x768) (640x480) PA281574 (1024x768) (640x480)
トウヒの立枯れ  山肌全部がこの風景  トウヒ林
トウヒとはマツ科の針葉樹です。近い種のウラジロモミ(モミの木)もありました。
PA281580 (1024x768) (640x480) PA281590 (1024x768) (640x480) PA281591 (1024x768) (640x480) PA281592 (1024x768) (640x480)
牛石ヶ原      尾鷲ヶ辻付近の紅葉       大蛇嵓より見える絶景

ホントに良く晴れた一日でした。

スポンサーサイト

GPSのすすめ

山に登るとき、地形図や地図はお持ちですか
私は山登りを始めた時に、必ず地図とコンパスは持って行くように教えられました。

昭文社の「山と高原地図」に掲載されている山ならそれで十分ですが、記載されていない山は
地形図を利用します。
今の時代ですから、人様が登ったルートをWebで閲覧し地形図に書き写し登山道を確認すれば良いかと思います。
個人で使う場合にはWebページをそのまま印刷して持って行くのもOKです。

GPSという便利なツールがずいぶん前から販売されていますが、それを使うともっと楽しみが
毎年?のようにバージョンアップするので、それを追いかけるのも良し、数年に一度バージョンアップしたものをダウンロードするのもOKです。

最近のGPSに映し出される地図は「TOPO10」といって等高線が10m間隔の地形図と同じもの。
(一部輸入版は20m間隔のものが多いです)
昨年バージョンアップした地図は昭文社の「山と高原地図」に記載されているルートが出るようになりました。
赤い線でルートと所要時間が記載されたものがGPS上に出てくる優れものです。
一般ルートを確認することは少ないですが、雪のシーズンにホワイトアウトした場合に力を発揮しました。
最低限地図上で自分のいる位置が把握できるので、居場所の特定が可能です。
ただ、電池で作動するために電池が無くなったらアウトです。
そのため、印刷物の地図も必ず併用します。(予備の電池は必携です)

P1080477 (640x480)
ガーミン社のオレゴン550TC 詳しくはこちら⇒ Oregon550TC

これには元々、地図ソフトが2つインストールされています。
登山でよく使用する日本登山地図「Japan TOPO10」と車のナビにもなる道路詳細地図「City Navigator」の2つの地図ソフトです。
本体そのものでの操作ももちろん可能ですが、PCにインストールできるDVDが附属されているので、それを使えばPC上でのルート作成や細かい軌跡(ログ)管理できます。
さらに面白いのは、平面の地図と3D地図が併用して見られるので、起伏が分かり易いです。
image002 (2) (800x450)
左が平面図、右は3Dで傾斜が見た目でもわかると思います。

等高線を見れば傾斜は分かるのですが、3Dにすることでさらにビジュアルで確認できます。
平面図でも陰影があるので山と谷がわかりやすいでしょ。
登山用品店では必ず取り扱っていますので、興味のある方はスタッフ色々聞いてみましょう。

 
最近のスマホのGPS機能も大変優れており位置情報は、ほぼ完璧ですが電波の状況が微妙な山中での使用は厳しいものがありました。
「山と高原地図」のスマホ用ダウンロード版もあります。 これは使用する地域が昭文社の地図の地域割りと同じなので地域別にダウンロードすれば、電波状態関係なしに地図そのものは見ることができました。
詳しくはこちら⇒ 山と高原地図

活用できるものは確実に増えています。 
それが身を守るものだとすれば使わない手はないですよね。

季節は逆戻り?

例年ならこの時期は、朝夕少し肌寒く日中は半袖でもなんとか過ごせるかな
というレベルなのですが…
台風の影響からくるフェーン現象で日中の気温は30℃を超え、まるで夏日

そんな中、新聞でも紹介された兵庫県たつの市揖保川町馬場(うまば)にある「馬場コスモス園」に
行ってみました。
P1080472 (640x480)

蘇武岳~冒険家が愛した山

10月2日、冒険家 植村直己さんが愛してやまなかった山、蘇武岳(1074.4m)を登りました。
過去、積雪シーズンに日高町の神鍋高原から登ったことはありますが、今回は西側の村岡町から登りました。

村岡町の有志の方々が荒廃したコースを再整備されたと聞き、その中のお一人が
私が今でもお世話になっている「兵庫県 木の殿堂」元スタッフのKさんであることが
分かり、尚更登ってみたくなったのです。
PA021481 (640x480)
山頂の山座盤

該当の記事は見つかりませんでした。