Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

久々のドッグラン

2年ぶりぐらいでしょうか、ホントに久しぶりにワンコ達を連れてドッグランに
山陽自動車道 三木SA内にある「Dog Run」です。
以前から気になってはいましたが、なかなか来ることができず、今日ようやくそれが叶いました。
P1080480 (1024x768) (400x300) P1080479 (1024x768) (400x300) P10804881.jpg
うちのワンコ達にとっては結構広いので、充分満足してくれたみたいです。
他のワンちゃんともしばし交流していました。
帰りの車の中では、グッスリでした   

スポンサーサイト

書寫山で紅葉三昧

11月26日、姫路市の書寫山 371m(しょしゃざん)に紅葉を見納めに行ってきました。
新聞に見頃ですと記事が出ていたせいか、平日なのにたくさんの観光客で賑わっていました。
ここはロープウェイで行けるので子供連れや年配の方も安心です。
随分前に一度だけロープウェイに乗ったことはありますが、ちゃんと登りも下りも歩きましたよ

PB261774 (1024x768) (640x480) PB261776 (1024x768) (640x480) PB261780 (1024x768) (640x480)
東坂登山口付近の楓       最初はこんな感じで登っていきます

PB261787 (1024x768) (640x480) PB261788 (1024x768) (640x480) PB261789 (1024x768) (640x480)
橙色や黄色が綺麗です          陽だまりの登山道

標高は371mと低いのですが、岩場が結構あって楽しく登れます。
PB261792 (1024x768) (640x480) PB261795 (1024x768) (640x480)
岩場が楽しい    西国27番札所なんです

すごく普通にスニーカーやお洒落なブーツで登る人も見受けられました。
みなさんなかなかのチャレンジャーです。登りはいいんですが下りは…
特にブーツは滑りそうで… ロープウェイで降りるのかなぁ…  余計なお世話でした
脱線してしまいました、自分のことに集中しましょう。
PB261799 (1024x768) (640x480) PB261802 (1024x768) (640x480) PB261804 (1024x768) (640x480)
  山茶花      ロープウェイ山上駅    ここも真っ赤です

ロープウェイ山上駅からすぐ先に志納所という拝観料を納める場所があります。
ここで500円を納めて圓教寺(えんぎょうじ)の中を散策します。
PB261806 (1024x768) (640x480) PB261808 (1024x768) (640x480) PB261812 (1024x768) (640x480) 
眼下に街並み    仁王門     ここも真っ赤

PB261816 (1024x768) (640x480) PB261819 (1024x768) (640x480) PB261823 (1024x768) (640x480) PB261829 (1024x768) (640x480)
宿坊の紅葉      橙色のトンネル    摩尼殿(まにでん)    三つの堂

PB261831 (1024x768) (640x480) PB261833 (1024x768) (640x480) PB261835 (1024x768) (640x480) 
赤        赤       展望所からの景色
PB261837 (1024x768) (640x480) PB261839 (1024x768) (640x480) PB261842 (1024x768) (640x480)
銀杏の絨毯     楓の絨毯       さらに赤

摩尼殿すぐ下の茶屋は大賑わいでした。 結構冷えていたので温かいぜんざいをいただきました。
前にお座りになられた老夫婦としばし談笑。 
お品書きにあった関東煮を「かんとうに」と読む我が家の奥方に「かんとうだき」と読むのが正しいと説明している会話が面白かったのだそうで…  
うちの家内は関西人ではないので関東煮のことを普通に「おでん」と言います。
最近では、「姫路おでん」とメディアで取り上げられていたりしますが、私にとってはなじみ深い、関東煮。
生姜醤油でいただく地元の定番中の定番なのです。 
PB261843 (1024x768) (640x480) PB261850 (1024x768) (320x240) (280x210) (200x150)
甘かったです…    ロープウェイ山上駅上の展望台にて

近場で綺麗な紅葉を見られる書寫山、映画「ラスト・サムライ」のロケで、トム・クルーズも来たのです
今回はこれでもかというぐらい紅葉を楽しめました。
歴史的建造物と紅葉の織りなす風情ある景観は時間を忘れさせてくれます。





   

暁晴山~砥峰2013秋

11月21日、そろそろ最盛期であろうと思われる砥峰高原に行ってきました。
砥峰だけではさすがに物足りないと思ったので、その奥にある峰山高原の暁晴山へ。

PB211698 (640x480) PB211700 (640x480) PB211699 (768x1024) (480x640)


暁晴山(ぎょうせいざん)標高1077m、宍粟50名山にも選ばれています。
山頂に鉄塔が3個ほど見えるので、分かり易い山です。

車を走らせホテル・リラクシアまで行き、そこからのアクセスは…
ほぼ舗装路で、山登りというよりウォーキングに近いものでした

PB211702 (640x480) PB211707 (640x480)
野生の鹿と遭遇   ホテル近くのゲートから入ります

PB211712 (640x480) PB211716 (640x480) PB211717 (640x480)
鉄塔が見えるのが山頂   舗装路です…   アオゾラでした

標高1077mといっても1000m近いところからのスタートなので、のんびり行けます。
林道途中のゲートから中に入って、ひたすら舗装路を歩くのは意外と気持ち良いものです。
お天気も良かったので、汗ばむぐらいでした。

PB211718 (640x480) PB211720 (640x480) PB211721 (640x480) PB211724 (640x480)
林道途中のゲート   ここも舗装してます  凛と伸びる杉林  ススキの向こうに暁晴山

PB211725 (640x480) PB211727 (640x480) (480x360) (400x300) PB211729 (640x480)
分岐があります     一応登りです   山頂直下だけ未舗装でした

あっさりと山頂に着いてしまいました。 何故に宍粟50名山と思いましたが…
PB211737 (640x480) (280x210) PB211731 (640x480) PB211739 (640x480) PB211740 (640x480)
山頂到着      三角点      鉄塔とアオゾラ    氷ノ山が見えます

山頂からは360°の展望が拡がっていました。遮るものが何もないのでホントに良く見えます。
ホテルリラクシアから30分ほどのお手軽ハイキングコースです。
下山は山頂から5分の所からの「山笑う登山口」分岐側に降りてみました。
PB211743 (640x480) PB211747 (640x480) PB211753 (640x480)
    林の中を降りていきます      舗装路に合流

この登山道は、広いところから左に行くと砥峰方面、右に行くとリラクシア方面。
車をリラクシア近くの駐車場に止めていたので、そちらに戻りました。
PB211757 (640x480) PB211758 (1024x768) (640x480) 
夜鷹山    映画の撮影が行われた場所なのです

やっぱり物足りないので砥峰高原に戻ってもう一度散策をしてきました。
ススキの黄金郷は健在でした。 そろそろ終盤みたいですが、風にたなびくススキの穂がホントに黄金色の海のようでした。
PB211763 (640x480) PB211761 (1024x768) (640x480) PB211766 (640x480)
砥峰高原全景      交流庵で温かいお蕎麦をいただきました。

今回は手抜きでとのみね自然交流館にある交流庵でランチ。もっちりしたお蕎麦でした。
ここはこれから雪が降ります。 交流館は3月まで閉鎖になります。

雪が好きな人にとっては最高のスノーシューフィールドになります。 
スノーシーズンにもう一度行ってみようと思っています。



氷ノ山初冠雪

12日、強い寒波に見舞われた氷ノ山で、初冠雪がありました。
つい4日ほど前に登った時には、来週ぐらいかなと言っていたのですが
ホントにが降ると、いよいよという気分になってしまいますね。
自分で撮った写真がありませんので、神戸新聞のHPから初冠雪の画像が見られます。
リンク貼っておきます⇒氷ノ山初冠雪

氷ノ山~紅葉ラストスパート

11月8日、氷ノ山を鳥取県側からの紅葉登山に行ってきました。
今回は素敵な2名様とご一緒させていただきました。
鳥取県側からなので、いつもの【響の森】にを停めてのスタートです。
仙谷登山口から仙谷分岐を経て山頂を目指し、下山は氷ノ越経由でキャンプ場へ降りるコースです。
一般に仙谷コースは中級者向きとなっています。 

PB081627 (640x480) PB081628 (640x480) PB081632 (640x480) PB081640 (640x480)
響の森から      林道の紅葉     仙谷登山口     
PB081641 (480x360) PB081646 (640x480) 

PB081648 (480x640) PB081651 (480x640) PB081654 (640x480)
最初の鎖?   なかなかの鎖場です  迫力あります  
PB081655 (640x480) PB081656 (640x480) PB081657 (640x480)
幾度の渡渉を終えると急な登りになります。 空が近くなってきたら稜線です、
仙谷の分岐に到着しました。 ここから山頂までは25分ほどです。
先日の雨の影響で結構ぬかるんでいます。 氷ノ山独特の黒い土が靴底にベッタリ。

PB081659 (640x480) PB081661 (640x480) PB081664 (640x480) (480x360) PB081665 (640x480)
甑岩(こしきいわ) 山頂小屋が見えてきました  山頂到着!  Coffeeタイム


ほぼ予定通りの時間に山頂に到着です。 風が強く体温を奪われるのでそそくさと避難小屋に。
お楽しみのランチは「ラザニア」にしました。 

避難小屋に入った時には貸切だったのですが、ランチの用意をしていると次から次へと登山者が。
40人の団体さんで、大段平から登ってこられたそうです。
それはそれは賑やかでした。 お漬物のおすそ分けまでいただいてしまいました。

ランチ、Coffeeタイムを終えて、さて下山です。
下山は仙谷分岐を氷ノ越方面に進みキャンプ場に下りるコースです。
PB081669 (640x480) (480x360) PB081672 (640x480) PB081673 (640x480) PB081675 (640x480)
順調に下ります   この景色が好きです    真新しい木道   氷ノ山遠景

この木道は先月の氷ノ山紅葉登山大会の為に敷かれたようです。
また、一部には階段も付けられていたり登山者が増えたことを象徴しています。
氷ノ越で休憩し、鳥取県側のキャンプ場に向かって下ります。
PB081682 (640x480) PB081687 (640x480) PB081689 (640x480) PB081692 (640x480)
ゴール付近の赤   綺麗な赤です    キャンプ場にも赤   ナナカマドの実


黄色やオレンジ、最後は真っ赤な色彩を楽しめ、しかも終始アオゾラの中での氷ノ山。
ご一緒してくださったお2人も、この日の為に鍛錬されてきたということでなかなかの健脚でした。
楽しい楽しい一日になりました。

下山後はもちろんです。 地元民ご用達の「ふれあいの湯」
シャンプー&リンスはご持参ください。ボディーソープで髪を洗う羽目になります
氷ノ山の紅葉もあと少しです。 来週には初冠雪も聞かれるかもしれません。


該当の記事は見つかりませんでした。