Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

雪の華咲き誇る金剛山

12月30日、前日新たな降雪があったと聞いていたのでこの時とばかりに金剛山へ。
スノーハイク入門の山にはうってつけの金剛山はやっぱり雪が降った後がおすすめです。

当初、自宅からで南海電鉄「河内長野」駅まで行き、コインパーキングに駐車してバスに乗り換えて金剛山に行く予定でしたが…
思いのほか早く駅に着いてしまい、バスの時間まで45分待ち…
なのでそのままで現地へ。
金剛山のある千早赤坂村は路面に雪が薄く残っていましたが、スリップすることもなく登山口付近に駐車できました。
今回は千早本道から登り、山頂からはロープウェイ山頂駅方面~伏見峠~久留野峠を経由してロープウェイ山麓駅付近に下山するルートです。

PC301861 (800x600) (640x480) PC301866 (800x600) (640x480) PC301867 (800x600) (640x480)
ここから登ります   いきなりの階段   アイゼン装着

アイゼンを着けるのが初めての奥様、恐る恐る歩き出すと…「ホント、滑らないね
そりゃそうです、鉄の爪が雪に刺さるのですから。
でも油断してるとつま先で雪を蹴り滑ることもあります。6本爪なのでそれなりに歩くとしましょう。

PC301876 (800x600) (640x480) PC301893 (800x600) (640x480) PC301899 (800x600) (640x480)
5合目にトイレ!   雪のトンネル    あなたならどうする~

5合目のトイレは私が前回来た時には無かったので、ありがたい配慮だと思いました。
東屋もあるので、休憩にはもってこいです。

PC301901 (400x283) PC301910 (800x600) (640x480) PC301911 (800x600) (640x480) PC301907 (800x600) (640x480)
山頂に到着     ホントに綺麗だ!      アオゾラも      かまくら…穴が小さすぎ

登り始めから1時間50分、山頂広場に到着しました。 まあまあのペースです。
山頂では大勢の登山者たちが思い思いにランチをしたり、写真を撮ったりしています。
初めてのスノーハイクで身体を冷やさないように、売店に入り温かいきつねうどんをいただきました。
外でお湯を沸かすつもりでいましたが、たまには楽チンなランチも良いものです

PC301914 (800x600) (640x480) PC301934 (800x600) (640x480) PC301917 (800x600) (640x480) PC301925 (800x600) (640x480)
参道を緩やかに登り   こんな霧氷が    これも綺麗     伏見峠

伏見峠からは人影もまばらで、のんびり下山できます。積雪量も千早本道より多く楽しいです。
アイゼンを装着しているので、安心して歩けます。 6本の爪をグサッと一気に刺して歩くのがコツです。
踵から着雪したり、つま先で雪面を蹴ろうとするとスリップします。
そんな歩き方も説明しながらの下山でしたが、なかなか楽しかったみたいです。

PC301926 (800x600) (640x480) PC301935 (600x800) (480x640) PC301937 (800x600) (640x480) PC301939 (800x600) (640x480)
分岐を見ながら   木立の中   久留野峠   ロープウェイ山麓駅付近

千早本道と違って、静かなこのコースが私的には好きです。 雪景色をのんびりと楽しめます。
ロープウェイ山麓駅付近から250m程下ったところにバスターミナルがあります(小規模ですが)
そこからバスに乗って、朝駐車した「金剛登山口」バス停までは10分(150円)
3㎞の距離を歩きで戻るのは下山後の身体にはなかなか辛いものです。

当初の予定では帰りはこのまま河内長野駅までバスで帰る予定でした。
区間料金は520円なので、凍結やスリップが不安な人にはこの方法をおすすめします。
全て公共交通機関での方法もありますので、お車をお持ちでない方にも行きやすい山です。







 

スポンサーサイト

O Holy Night

P1080506 (480x640) (248x350)
皆様、今宵はいかがお過ごしですか
聖なる夜に乾杯

BGMはいつものあれで
Celine dion~These Are Special Times~ by Celine Dion





該当の記事は見つかりませんでした。