Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇谷ヶ峰 PartⅡ

2月28日、職場の仲間たちと今月2度目の滋賀県朽木村の蛇谷ヶ峰へ。
今回は完全プライベートなので、ウェアは自由です
などと意味不明なことを言っていますが…

職場のツアー添乗は現在取扱いのあるウェア、ギアを使用しないといけないのです。
当然といえば当然です。

P2282176 (640x480) P2282177 (640x480) P2282181 (640x480)
「いきものふれあいの里」からスタートしますが、2/5に比べたらが全然少ないです。
P2282183 (640x480) P2282188 (640x480) P2052039.jpg
雪は何処へ      雪が出てきた     2月5日はこれだけありました
ほとんどの無いところもありました。
途中からが出てきますが、まだツボ足でも大丈夫です。

P2282194 (640x480) P2282196 (640x480) 
階段もこの通り     尾根に出てようやく雪も安定

P2282199 (640x480) P2282202 (640x480) P2282208 (640x480)
スノーシュー装着      内また~     EXILE
私は一人、ツボ足で行けるところまで行こうとしましたが…
P2282211 (640x480)
やっぱり無理ぃ~ 膝まで埋まります。

P2282214 (640x480) P2282219 (640x480) P2282220 (640x480)
さすがにここまで来ると積雪はたっぷりあります。
前回はこの辺までで引き返しましたが、5人パーティーなのでフットワークも軽い
どんどん登ります

P2282221 (640x480) P2282223 (640x480) P2282225 (640x480)
ここを登ったら…   山頂に到着~    みんなで蛇のポーズ

P2282229 (640x480) P2282231 (640x480) P2282236 (640x480)
向こうに武奈ヶ岳が   ハイ、ポーズ    早口言葉で3回「じゃたにがみね・・・」

山頂に誰かが掘った雪避けの壁があったので、そこでランチ。
Mさん自家製の梅酒フラッペ、最高でした

さすがにこれだけ山頂にいると冷えてきます。 風も強いので下山開始

P2282237 (640x480) P2282240 (640x480) P2282243 (640x480)
一気に駆け下ります    走る、走る    そしてお約束
下りは殆ど走り降りたのであっという間に下山完了です。
もちろん、下山後は前回行けなかった「てんくう」へ~


スポンサーサイト

アルペン天国

ソチオリンピックが終わってしまい、ちょっと寂しい今日この頃です
Nipponのスノボ選手達、頑張りましたね
ハーフパイプの10代の若者もしかり、一番かっこよく思ったのはアルペンの竹内さん。
彼女が10代の頃からこの世界で活躍していましたが。結構苦労人で、スポンサー探しも大変だったようです。
アルペン仲間の間では竹内さんの事を知らない人はいないのですが、今回初めてアルペン種目を知っていただいた方達も少なからずいたようです。
これはアルペンスノーボードをこよなく愛する人達にとって嬉しいことです。


オリンピックの興奮冷めやらぬ中、今日も行ってきましたハチ北高原。
お天気は上々 若干霞んではいましたが…(PM2.5の影響?)
P1080531 (1024x768) (640x480) P1080534 (1024x768) (640x480) P1080538 (1024x768) (640x480)
素晴らしいアオゾラ  氷ノ山が見えます    いい感じ

実は2月10日、17日と同じハチ北に行ったのですが、あいにくの模様でしかも雨のように降っていました。
写真も撮れず、視界も悪い中の滑りは快適とは言い難かったのです。
そんなモヤモヤを一気に跳ね飛ばしてくれた竹内さんの活躍とこのアオゾラ
(あまり関係は無いように思いますが…)
アルペンボーダーたちの姿がたくさん見られました。 しかもみんなメチャうま。
何人かのグループでしたが、みんなカッコ良かったですよ。

私達は、カッコつけてもしようが無いので (カッコつけられない事実もある
のんびりとアルペンクルージングを楽しんでおりました。
目的はやっぱりこれ
P1080536 (1024x768) (640x480)
café 【Si:Z】さんの窯焼きPizza  ベーコン&ポテト 
生地から焼いてくれる自家製のPizzaです。 ゲレンデでいただくものとしては十分なレベル。
下界の某宅配ピザ屋さんのと比べてはいけません。 
ゲレンデで焼いてくれることが重要なのです。

ハチ北高原から頂上を経由してハチ高原に降り、ファミリーコースを滑り降りたところにあります。
是非、行ってみてください。 ボリュームは結構あります。

アオゾラの下美味しいPizzaも食べたし、何人ものアルペンボーダー達にも出会えたし、
心から満足のいく一日でした。
P1080533 (1024x768) (640x480) (280x210) (200x150)
イェイ


雪が舞う神鍋山でスノーシュー

2月21日、かねてから計画していたスノーシューハイクを神鍋山で
ギリギリまで場所の選定に悩みました。
というのも今回ご一緒いただくお二方、そのうちのお一人が雪のイメージが悪いらしいのです。
随分前に連れて行かれた初スキーで散々な目にあったことから雪がトラウマに

雪の悪いイメージを払しょくしないといけません。 また悪いことに当日はマークのオンパレード。
ということで選んだのが神鍋高原でした。
比較的ゆるいハイキングで雪もあって、もしもの時はスキー場に逃げ込める唯一の場所。

P2212117 (640x452) P2212116 (1024x768) (640x480) P2212121 (640x480)
道の駅「神鍋高原」からスタート

はしっかり降っております。ここではスノーシューのレンタルもあるので安心。
前回紹介したペンションのオーナーから色んな情報を仕入れておきました。

P2212123 (640x480) P2212124 (640x480) P2212125 (640x480) P2212126 - コピー (640x480)
森の中を進んでいきます   スノーシュー装着      はたっぷり

思いのほか沈まないスノーシューの感触にお2人ともテンションが
時にはショートカットすべく急斜面を登ってみます。
P2212128 (640x480) P2212127 (640x480) 
結構な登りです   案の定滑り落ちます

普段なら登ることが出来ないところも雪の時は大丈夫。 どこでも登山道と化します。
は止むことなく降っていましたが、寒さは感じません。

心配していたお一人のAさん、結構ガンガン行ってましたよ
もう一人のEさんはスキー経験者なので雪は慣れています。 スノーシューは初体験だったのでスキーとはまた違った楽しみを堪能していただいたようです。

P2212132 (640x480) P2212136 (1024x768) (640x480) (400x300) (280x210) P2212139 (640x480) 
奥神鍋スキー場が見えます  自分撮り~   きれいな景色です


P2212142 (640x480) P2212144 (640x480) 
時折薄日も射していました  どんどん行くAさん(前)

P2212146 (640x480) P2212148 (640x480) P2212154 (640x480)
これは神鍋山の噴火口           お2人とも楽しそうですね

噴火口付近にある東屋で温かい味噌豚鍋を作り、デザートをいただきほっこり。
普段良く登っているお2人にはやや物足りなかったかもしれませんが、初めての雪山なのでムリせず…ですね。
P2212155 (640x480) P2212157 (640x480) P2212161 (640x461) 
これは雪の上のお約束          東屋を後にします
P2212168 (640x480) P2212170 (640x480)
走って降ります    今度はシリセード


シリセードと一般的に言っていますが、本来はピッケル(アックス)を使って立ったまま走り降下することをグリセードというのですが、それをお尻のみで滑ることを山用語で「シリセード 尻制動」と呼ぶのです。

急な斜面は普通に下るよりこのほうが安全だったりします。 スピードの出しすぎには注意です
あっという間に下山完了です。 
P2212173 (640x480)
ブルーリッジ ホテル 

道の駅「神鍋高原」には本来「ゆとろぎ」というが併設されていたのですが、
現在リニューアル工事中で4月20までご利用できません。
なので、車で5分のところにある「ブルーリッジ ホテル」でです。

スノーシュー初体験のお2人も楽しんでいただけたようで、よかったよかった












該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。