Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

春の陽気に包まれた駒ノ尾山

3月28日、お天気も良く気温も高いので先週から予定していたリハビリ登山のため
兵庫県と岡山県の県境にある「駒の尾山」へ。

未だ右手のギプスは取れないものの、じっとしていては身体もなまってしまうので…
ただ、転倒して左手を折るようなことがあったら…The Endですね

道中、渋滞に巻き込まれスタートが10:45とかなり遅めになってしまいました。
P3282246.jpg P3282247.jpg P3282249 (250x188) (200x150)
登山口      

登山口は20~30㎝の残雪、進んでいくと陽当りの良い場所は全く雪が無かったり。
P3282252.jpg P3282254.jpg P3282257.jpg P3282258.jpg
木橋もこの通り   苔スポットはこんな感じ   アオゾラ   雪が無いところも

P3282260.jpg P3282261.jpg P3282265.jpg
陽当りが良い場所    後山方面    倒木が行く手を阻みます

倒木が登山道を塞いでいるところが3ヶ所、そこは雪が解けていなくて谷川に回り道をしました。
これが結構厄介で、時間をとられました。

スタート時間が遅かった場合、我が家では決まったルールがあります。
「12:30を超えて先には進まないルール」読んで字のごとくです。
下山時刻を15:30以前と決めているため、どんなにもう少しでも12:30になった時点で終了。
いつでも安全に陽のあるうちに下山するためです。 足前を考慮してのことです。
なので私が山友と行くときはこのルールは適用しません。

そうしてるうちに、その時間が来てしまいました。 1015m地点でした。
もう少しいけば大海里谷分岐 1200m付近だったのですが… ここで折り返しました。
P3282267 (1024x768) (640x480) P3282268.jpg P3282269.jpg P3282270.jpg
1015m地点    こんな落とし穴が     春の色です     下山完了

頂上までは行けなかったけど、それなりに楽しんできました。
ギプスが取れたらもう少し無理もできるんでしょうけど、手負い中なので

昨年の同時期よりは残雪が多いので、氷ノ山辺りはまだまだ雪山登山が楽しめそうですよ


スポンサーサイト

山道具の意外な使い方

右手首を骨折し10日経過しました。
一昨日病院に行ったら、順調にくっつきかけているとの診断でした。
日々の生活で色々不便はあります。
利き腕だけに、ご飯を食べるのも、服を着るのも一苦労です。
とりわけお風呂が一番難儀していました。
右腕にビニール袋をかぶせて輪ゴムで数箇所止め、水が入らないように…
毎日の事なので、何か良いアイデアはないかと思っていました。

仕事中、店内の商品を整理していた時にたまたまグローブのコーナーで立ち止まりました。
もしかしていけるかもと思ったのが、オーバーグローブ。

本来の用途は、雪山でグローブの上から履きラッセル時に元のグローブを濡らさないようにカバーするものです。
実際、積雪の多い時のラッセル時に活躍してくれたものが家にあるではありませんか

帰宅して入浴時に早速試してみました。
P1080551.jpg
イスカ ウェザーテックオーバーグローブ

防水透湿生地を使い、ワンハンドで絞られるドローコードが付いています。
ナイロン袋だとお風呂の中の湿気で指先が湿ってしまいますが、これなら透湿性があるので(ゴアテックス程ではありません)指が湿ることもなく、ギプスも濡れず、いいことづくめでした

怪我をして出番がなくなった雪山の道具がここにきて息を吹き返したのです。
「怪我の功名」とはこの事、本当の意味で怪我ですが…
手を怪我されている方、しかも山屋さんならこれおススメです

嗚呼、ラストラン

3月4日、県内北部に待望の新雪 しかも当日は予報
これは滑りに行かないでどうすると言わんばかり。
もちろん行きました。 ハチ北高原は予報通り

P1080540 (200x150) P1080541 (640x480) P1080542 (640x480) P1080543 (640x480)
いいお天気              ハチ高原へリンク中    氷ノ山も見えます

お天気が良いのでお隣のハチ高原まで移動しレッスンタイム
奥様の要望もあり、フォームのチェックをします。
怖いのか、内倒が足りずカービングの出来がいまいちとかで、それをレッスン。
成果は動画で撮り確認するのが一番、ってことでカメラに収めようと滑りながら撮ります。

が、気を抜いたわけではないのですが緩斜面でエッジを取られ転倒。
カメラを守ろうとしたんです。普段は転倒時に絶対につかない右手をついてしましました。
柔らかい新雪の下に硬い層があったみたいで、グキッと鈍い感覚
間違いなく折れてるのが分かりました。

手を見て容易に分かりました。手首が甲側に曲がっていました。確実にやっちゃいました。
ボードをしていると色んなケガは付き物です。 
足の靭帯を切ったことも、ろっ骨を折ったり膝関節を痛めたりと何度かありました。
調子こいてるときが一番危ないと分かっているのですが、そんな時もあります。

早上がりして即病院へ。
P1080550 (300x225)
この通りです

折れたのは一瞬でしたが、病院でX線を見ながら先生が甲側に折れた箇所を手のひら側に
曲げ戻す行為が、尋常じゃないぐら痛うございました
折れた骨を反対側にもう一度折るのです。 しかも麻酔はほとんど気休めなので
口からを吐くほど痛かったです。 そしてギプス固定。

いやいや、これでシーズンが終わっちゃいました。
山登りも当分お預けです・・・
しばらくおとなしくしてます・・・

該当の記事は見つかりませんでした。