Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

高御位山トレーニング

8月に入りお盆も過ぎて、ようやく平常に戻ったので、月末に控えている遠出に向けて
トレーニングを兼ねて超地元の高御位山(304m)に18日、22日の両日登ってきました。

18日、 暑さに身体を慣らすため11時から登り始めます。
登山口は成井という階段があるところ。

P8183060 (1024x768) (640x480) P8183063 (1024x768) (640x480) P8183065 (1024x768) (640x480) P8183070 (1024x768) (640x480)
成井神社から      白ユリ      尾根に出ました       秋?

暑くて暑くてそりゃもう大変でしたが、水分をたっぷり摂ります。
熱中症対策としてはまず水分補給と塩分補給。 
忙しさにかまけて2週間登っていなかったので、なかなか堪えます。
たった30分程の登りなのに… 身体は正直です。
途中、歩荷(ボッカ)トレーニング中のAさんとバッタリ。 彼は結構有名なクライマーで
山頂付近で軽く登ってきた帰りだということでした。 ホントにパワーのある人です。

P8183072 (1024x768) (640x480) P8183076 (1024x768) (640x480) 
奥様も頑張ってます    山頂着!

山頂では良く知ったお顔が並んでいました。 着くなり「こっちおいで」と呼ばれて行ったら、
皆さんお手製や改造した山道具の品評会

P8183078 (768x1024) (480x640) P8183077 (1024x768) (640x480) P8183079 (1024x768) (640x480)
改造型JB    自作のアルコールストーブ用五徳  同じく使用例

見ているだけでも結構面白いのですが、各々の自慢を聞くともっと面白いです。
ちなみにJBとはジェットボイルの略で、500mlのお湯なら沸騰までに2分かからないという優れもの。
ポットに特徴があり、熱効率を最大限生かせる構造です。

そんなこんなでほんの少しでしたが楽しい時間を過ごさせていただきました。 感謝です

P8183081 (1024x768) (640x480) P8183082 (1024x768) (640x480)
眼下を見下ろす(長尾方面)  夏の雲だ

帰りも来た道をピストン。 ここでもまた知り合いに会ってしまいました…
     
*************************************************************************
そして22日、お天気が怪しい中、8時に長尾から歩荷トレ。
重い荷物に加え、ムシムシしていて辛かったです
KIMG0037 (1024x768) (640x480) (240x180) KIMG0038 (1024x768) (640x480) (240x180) KIMG0039 (1024x768) (640x480)
    スタート前は元気デス     キキョウが綺麗

このルートは比較的急なので、良い練習になります。 通常なら3~40分もあれば
登れるコースではないでしょうか 中には20分そこそこで登ってしまう強者も。
歩荷はやはり身体には堪えます。 何度も息を整えないとムリ
結局47分かかってようやく山頂に到着しました。

私がヘバっているところを山頂の岩から一部始終を見ていたというAさん(18日にも登場)
「歩荷か? 辛そうだったな」と労いのアイスコーヒーを入れて下さいました
何時も思うことですが、一番美味しいのは人様が入れてくれたコーヒーです。
自分でどんなに美味しいのを入れても、人様が入れてくれたコーヒーには敵いません。

他にもSさん、Iさんご夫婦、Kさんとこの日も何人もの知り合いと会いました。 感謝
今回は奥様の新しい靴の慣らしも兼ねていました。
KIMG0044 (1024x767) (640x479)
左は私のスカルパ・クリスタロ  右が奥様のテクニカ・アコンカグア

痛いところもなく足に合っているようで良かった良かった
山頂では一時に降られましたが、通り雨のようで15分程で小康状態に。

帰りは北山方面にちょこっと下りてすぐにトラバース道を経て長尾に戻るコースを。
が降った時はこのコースがおススメかもです。 濡れた岩場は危険なので
KIMG0040 (1024x768) (640x480)
こんなコースです

一番急な一枚岩のすぐ下に出ることが出来ます。(ロープが張ってあるすぐ下のところです)
午前中に下山し本日の歩荷トレは終了  疲れました…

帰宅し、シャワーを浴びて映画館で見られなかった「アナ雪」のDVDを2回も観てしまいました。
吹き替え版と英語版を続けて 感動でした。 引き込まれてしまいました



スポンサーサイト

伊吹山~1377mのお花畑は?

7月29日、滋賀県の伊吹山に行ってきました。
近いようで意外に遠い伊吹山、自宅からは3時間ちょいの距離です

随分前に来た時はまだゴンドラリフトが動いていて、3合目まであっという間でしたが…
現在はゴンドラが無いので麓から約4時間程の行程を登る必要があります


P7292947 (1024x768) (640x480) P7292952 (1024x768) (640x480) P7292958 (1024x768) (640x480) (480x360)  
登山口ゲート      登山口      出だしは樹林帯の中

登山口から1合目まで約30分、気持ちの良い樹林帯の中を薄陽を浴びながらの快適な登り。

P7292963 (1024x768) (640x480) P7292972 (1024x768) (640x480) P7292987 (1024x768) (640x480)
1合目に到着   草原の中は暑いです   3合目付近から頂上を

1合目から1時間ちょっとで3合目。 ここにはハイキングレベルで来られるお花畑があります。
ユウスゲが蕾の状態でたくさんありました。 ユウスゲと言うぐらいなので咲くのは夕方です。
ここからは山頂を見ながらの炎天下の登りが待っています。
P7292997 (1024x768) (640x480) P7293009 (1024x768) (640x480) P7293015 (1024x768) (640x480) 
5合目でスプライト   6合目の避難小屋   7合目付近

5合目の売店で冷たいスプライトを 気温が高いので冷たい飲み物は格別。
ここから先はひたすら登りです。 6合目あたりから浮石が出てきます。

P7293016 (1024x768) (640x480) P7293019 (1024x768) (640x480) P7293023 (1024x768) (640x480) P7293027 (1024x768) (640x480)
眼下に見えるのは3合目    8合目     おっとっと…    浮石ゴロゴロ

山頂付近に雲がかかっていましたが、だんだんと晴れてきました
聞くところによると、伊吹山は1年のうち300日は山頂に雲がかかるそうで、これは普通の事。
一日中かかっているわけではないので、こうやって晴れてくる日もあるのだそうです。
ただ、この時期の晴れ間はたまらなく暑いです(嬉しいですけど…)

P7293034 (1024x768) (640x480) P7293038 (1024x768) (640x480) P7293039 (1024x768) (640x480) P7293042 (768x1024) (480x640) 
山頂まであと一息   山頂に着きました  ヤマトタケル像の前で  伝説の白猪    

山頂に着いた時はは無く 
海の家のような売店がたくさんあり、観光客もわんさかおられました。
ここは岐阜県側から伊吹山ドライブウェイを使って山頂付近まで車で来られるので
山頂の軽装な観光客も多いのです。 そんなアクセス方法もあるので人気なんですね。
P7293043 (1024x768) (640x480) (480x360) (350x263) P7293041 (1024x768) (640x480) P7293046 (1024x768) (640x480) 
ソフトクリームで涼  ランチはちらし寿司  この上ないアオゾラ

あまりの暑さにソフトクリームでひと時の涼を得ます。 
山頂は1377mなので、下界よりは7~8℃涼しいはずなんですけどね

けっこうのんびりしたので、下山と行きましょう。 下るばかりだといっても2時間半。
往復で7時間以上は歩かないといけません。
順調に下りていき、3合目でユウスゲの花を見たのですが… 写真撮るの忘れた
ということで、伊吹山のお花をご覧いただいて、おしまいです。

P7292982 (1024x768) (640x480) P7292990 (1024x768) (554x416) P7293005 (1024x768) (522x391) P7293029 (1024x768) (640x480) 
  クサフジ     カワラナデシコ    ヤマホタルブクロ   シモツケソウ
P7293031 (1024x768) (640x480) P7293033 (1024x768) (640x480) P7293049 (1024x768) (640x480)
クガイソウ     キバナカワラマツバ    コオニユリ

該当の記事は見つかりませんでした。