FC2ブログ

Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

心で造る癒しの空間

以前にもここで紹介したcafe「chaco」さんに久々にお邪魔してきた。
私達が行く時間帯はたいがい空いていて、のんびりできていた。
ところが今回はちょっと様子が違ってた。

満席で順番待ちだって…
基本的にのんびりしたいからお邪魔したわけで、他のお客さんをせかしたように追い出してまで
のんびりはできない性格の2人である。
また今度お邪魔したらいいやって思い、お店にある雑貨を購入して帰る気でいた。
自宅からの距離にして約3km いつでも来ることができる距離だ。
オーナーさんやスタッフの皆さんも顔見知りなので、気軽に「また来ますね」って言えるし。
それで終わっても私達は特に気にも留めないでいただろうと思う。
私達の後にも来店されたお客さんがいて、その人達も順番待ちなので順番を譲って
チョイスした雑貨の支払いをして帰ろうとした時、偶然にも2人分の空席ができた。 
ホントに偶然かは分からないけど(気を遣わせてしまったかな…) 

優しいオーナーさんは私たちを引き留めて「どうぞお座り下さい」と言ってくださった。
帰る気でいた私達は、しばらく考えた後「では、せっかくですから…」と案内されるまま席に着いた。
後にも先にもcafeで順番を待ったのは初めてだった。

この満席には理由があった。 数日前に地元新聞の折込小冊子でこちらのcafeが紹介されていたのだ。
平日の午後、来店客は女性ばかり。 こちらのお店はそういった層がメイン。
わざわざ遠くから来られるお客さんもいるらしく、新聞の発売日以来こんな状態だとか。
ひとつ感心するのは、満席が続くと、とかく愛想が悪くなり事務的に回転を考えるお店が多い中
いたずらにスタッフを増やさず少人数で精一杯頑張っておられるところ。
女性ばかりのスタッフでいつもと変わらない笑顔で迎えてくれる。



P1040982.jpg
カウンター席の一等地に泳いでいるメダカ

P1040986.jpg
同じくカウンターにさりげなく置いてある可愛い花

P1040994.jpg
お店で見つけた笑顔のストラップ(陶器製)と同じくお店で買ったリボンテープで造ったストラップ。
お店のイメージを象徴していて、気持ちが穏やかになる笑顔
リボンストラップは自家製で、SALTY DOGのネームを縫い付けました。

それと、こんな可愛いブリキの容器も発見したのでついつい衝動買い。
P1040995.jpg
OZ & Emmaのトリーツ入れにしました。

私達が帰る頃には空席も出来て、以前のようなマッタリした空間が戻っていた。
癒しの空間はお店の造りだけではなく、人の心が造るものだと教えてもらった気がした。
自宅から僅か3km先の癒しの空間。
更に忙しくなりお店が繁盛することを祈りつつ、顔を忘れられない程度にお邪魔しようと思う


スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ozemma.blog88.fc2.com/tb.php/107-88e9c3d3
該当の記事は見つかりませんでした。