FC2ブログ

Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷ノ山 アオゾラと紅葉の仙谷コース

PA303447 (640x480)
10月30日、秋晴れの中氷ノ山・仙谷コースを登ってきました

職場の仲間たちに誘われ、案内を兼ねて鳥取県側から仙谷コース~山頂~キャンプ場へ。

のっけからアクシデントが発生
集合場所に約1名が来ない。 どうやら寝坊したみたいで待つわけにもいかず伝言だけ残して出発
途中本人からがあり、山の麓の「響の森」に向かっているとか。
なかなか根性入ってます。 普通なら「ごめんなさい、また誘ってください…」ですが
そんなわけで、響の森に先に着いてしばらくYさん待ち。
待つこと30分、ようやく全員揃ったところで出発と相成りました

PA303394 (640x480)  PA303396 (640x480) PA303399 (640x480)
待っている間に響の森で撮ったナナカマドとカエデ         全員揃いました

「響の森」は鳥取県つくよねにある県立の自然交流館で駐車場完備、トイレもお借りできます。
スタッフの皆さんも親切です。 わかさ氷ノ山スキー場より億側にあります。
仙谷コースはこの駐車場のすぐ裏側の舗装路から入れます(登山口まで約7分)

PA303407 (640x480) PA303410 (640x480) PA303411 (640x480)
紅葉はほぼピークを迎えていました

仙谷コース入り口はやや分かりにくいですが、仙谷コースの看板があるところに作業小屋があるので
そこの裏手に回ると細い道が着いています。

PA303417 (640x480) PA303419 (640x480) PA303423 (480x640) PA303430 (480x640)
鎖場が合計4箇所   渡渉も何度か繰り返します

基本的に、道標やテープがあるので迷うことは無いと思いますが、
テープを見つけにくいところがあります。
そんな時は、ほんの少しだけ登ってみればテープが発見できるのでご安心を

PA303432 (640x480) PA303435 (640x480) PA303439 (640x480) PA303443 (640x480)
急登が続きます    このアオゾラです    仙谷分岐    遠くに大山が 

4つ目の鎖場を過ぎたら一気に急勾配になりますが、これを登りきると仙谷分岐です。
ここからは尾根なので見晴らしが最高です。
多少のぬかるみは氷ノ山の名物なのでゲイターがあれば良いと思います。

PA303444 (640x480) PA303447 (640x480) PA303451 (640x480)
あっ霜柱    TOPの画像はこれ   大山が良く見えています

出発から約2時間半、山頂に到着しました
昨夜からかなり冷え込んでいた模様で、日影では霜柱が立っていました。

PA303456 (640x480) PA303455 (640x480) 
山頂避難小屋前で   本日のランチはクリームパスタ

5人分のランチはやっぱりパスタが一番。 人数調整が簡単なので
もちろん自家製ですよ 今回はチキンの代わりにシャウエッセンと豆を具材に。

PA303457 (640x480) PA303458 (640x480) PA303460 (640x480)
この絵がたまらなく好きです  氷ノ山越   遠くにさっきまでいた山頂が

下山は氷ノ山越を経由してキャンプ場へ戻るコース。
氷ノ山越からの下りが階段状ところが多く結構ヒザにこたえます。 ストックがあれば楽チン。

PA303463 (640x480) PA303465 (640x480)
キャンプ場手前の山肌と黄葉   キャンプ場内は紅葉

赤い葉はキャンプ場の中が一番きれいだったかも
出発前のアクシデントはどこへやら… 楽しく戻ってきました。
山頂では風も無く、心地よいアオゾラの下ワイワイと賑やかに楽しめた一日でした。






          













スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ozemma.blog88.fc2.com/tb.php/254-e7bf1af2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。