FC2ブログ

Sotoasobi Report~毎日がパラダイス

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷ノ山~夕陽と鍋とパエリア

PB113643 (640x480) (640x480)
11月11~12日、性懲りもなく、また氷ノ山です  この山がつくづく好きなんだなぁって思います。
今回は山頂でお泊り。 これもなかなか良かったです

昨年から計画してはボツになり続けていた氷ノ山でのお泊り、ようやく実現しました。
元同僚とそのお友達と私の計6名

2台で加古川を出発し途中、横行渓谷の紅葉を1楽しみながらのんびりと。
山頂避難小屋でのお泊りなので、お昼前から登り始めれば十分。
下山口となる奈良尾の東尾根登山口に1台を置いて、福定親水公園へ。

PB113572 (1024x768) (400x300) PB113575 (640x480) (640x480) PB113579 (640x480) (640x480) PB113581 (640x480) (640x480)
このメンバーで      橙葉       落ち葉の絨毯      黄葉

いつもスタートする川沿いの登山道ではなく布滝を左岸から回り込む道を行きます。
いきなりの登りなのでウォーミングアップにはもってこいです。

PB113585 (640x480) (640x480) PB113589 (640x480) (640x480) PB113592 (640x480) (640x480) PB113593 (640x480) (640x480)
   布滝     朝陽を浴びながら     紅葉      地蔵堂

スタートから約50分で地蔵堂です。 今回は山頂でお泊りということで荷物も重いので小休止。
いつもの装備にシュラフ、マット、食材+2日分の水が結構ズッシリ来ます。

PB113595 (640x480) (640x480) PB113602 (640x480) (640x480) PB113606 (640x480) (640x480)
3年前に落ちた谷   気持ち良い登り   氷ノ山越に着きました

地蔵堂から1時間15分で氷ノ山越(尾根)に到着。 ここでそれぞれにランチです。
ランチはあまり時間を取らずにあくまで軽く。 それも山頂での夜の宴のため

PB113607 (640x480) (640x480) PB113608 (640x480) (640x480) PB113610 (640x480) (640x480) 
葉の落ちたブナ林   この道が好きです   マザーツリーかな

尾根道に出てしばらくは平坦なところが続きます。 個人的にこの道が一番好きかも。
笹原に覆われ落葉後風通しの良くなった道を進んでいくのがたまらなく好きなのです。
1100mより上は、ほぼ落葉しています。 その分登山道が明るくなります。

PB113614 (640x480) (640x480) PB113618 (640x480) (640x480) PB113619 (640x480) (640x480) 
名物の木の根っこ  滑りやすい箇所も   コシキ岩も晩秋の姿

つい最近来たばかりですが、何度来ても飽きないこの道。 
この日は鳥取県側から地元の子供たちが60人登っていたみたいで元気に下山していきました。

PB113620 (640x480) (640x480) PB113624 (640x480) (640x480) PB113632 (640x480) (640x480) PB113636 (640x480) (640x480)
いつもの景色    山頂に到着    何故かテントを     完成しました

山頂でオプション、Sさんが「買ったばかりのテントを張る」に挑戦。
私とMさんの2人で説明をしながら頑張って独りで建てることが出来ました お疲れ様でした。
ここは国定公園なのでテントを張ることはですから、この後撤収です。
PB113645 (1024x768) (640x480) PB113643 (640x480) (640x480) PB113650 (640x480) (640x480) 
夕陽を眺め     TOP画像はこれ   陽が沈むと雲が染まり

少々寒かったですが、沈む夕陽をしばらく眺めていました
徐々に地平線に沈む夕陽を見られるのはここに泊まった人だけへのご褒美でしょうか…
陽が沈むと雲が茜色に染まり、何とも言えない気分になります。

PB113655 (640x480) (640x480) PB113656 (640x480) (640x480) PB113651 (640x480) (640x480)
本日のメイン   サブメニューのパエリア  キノコおじさんより

どっぷりと陽も暮れ、お待ちかねのディナータイム
メインはMさんが作る豚キムチ鍋 私はリクエストにお答えしパエリアを。
作っている最中、思わぬ訪問者が… ややびっくりしましたが、キノコ採りに登って来られた
おじさんが、小屋のドアをギィ~っと、全員一瞬ですが硬直しました
こんな真っ暗な中、ライト一つでキノコを採りながら登ってこられたそうで…
色んなお話を聞かせていただいた上に、キノコのおすそ分けまで

宴は粛々と進み、お鍋の締めに蕎麦(中華麺) これがホントに最高でした。
さらにはデザートのぜんざい。 Tさん美味しかったですよ
通常山ではこんなにお腹いっぱい食べることなんてないので、至福の時間でした
外へ出てみれば満天の星空(というには微妙でしたが)
それでも下界にいるときよりも数倍も数十倍もの数は多いです。

山の夜は早く、21時には避難小屋の2階でシュラフにくるまりました。
そのまま朝まで爆睡

PB123658 (640x480) (640x480) PB123659 (640x480) (640x480)
朝陽は雲の間から   雲海が発生してました

ちょっと遅めのお目覚めだったので一番きれいな朝陽を撮ることができませんでしたが…
雲海はとても神秘的でした。

さて、下りましょう が待っていますよ

PB123667 (1024x768) PB123675 (640x480) (640x480) PB123681 (640x480) (640x480) 
これも好きな絵です   こんな樹も     東尾根休憩小屋です

下りは東尾根ルートを使います。 登山口にを置いているので楽チンです。
PB123687 (640x480) (640x480) PB123696 (640x480) (640x480) PB123690 (640x480) (640x480)
最後はこの急階段    山肌の紅葉    戻ってきました

下りはあっという間です。 ほぼ予定通りの時間に東尾根登山口に着きました。
この後は即に向かってを走らせます。
万灯の湯(まんどのゆ)で汗を流し、併設されたレストランでランチのあとここで解散です。
近場でもこんなにのんびり山登りとお泊りが出来るのは嬉しい限りです。




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ozemma.blog88.fc2.com/tb.php/257-17e39492
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。